メッセージを送る
Shenzhen Rion Technology Co., Ltd.
Shenzhen Rion Technology Co., Ltd.
場合
/ 場合 /

Company Case About 橋脚固定における傾斜センサーの応用

橋脚固定における傾斜センサーの応用

2023-07-25
Latest company case about橋脚固定における傾斜センサーの応用

橋の構造は通常、スパン構造、橋脚と橋台、基礎、上部構造、支承、円錐形の斜面保護の 6 つの部分で構成されます。橋脚はスパン構造を支え、死荷重や車両などの活荷重を基礎に伝達する建物です。多くの橋脚は専門メーカーによって製造され、建設のために現場に運ばれます。この工法は現場工法と呼ばれるもので、カップ口の寸法を測って設定し、数値を記録し、カップ口とプレハブ橋脚柱の接触面を荒らし、プレハブ橋脚柱の側面に墨線で中心線や高さ管理線をマーキングして設置時の位置を管理するというものです。橋脚柱を設置する前に、橋脚柱の各部の寸法を測定・検査し、橋脚柱設置後の柱頂部の高さが設計要件を満たしていることを確認する必要があります。
現場で吊り上げる際は、クレーンを使用して橋脚柱を軸位置に合わせてカップ口内に垂直に下げます。持ち上げる際には、手動で協力して落下速度を遅くし、木の板やゴム製のパッドを脆弱な部分に配置する必要があります。両側に線を垂らして位置を修正する必要があります。正確に位置決めした後、フックを外す前に支柱の両側をしっかりと固定し、支柱が安定していることを確認してください。クレーンを用いて橋脚柱を所定の位置に設置する際、特に位置校正時に橋脚柱の揺れや橋脚柱底部の傾きが生じる場合があります。このため、クレーンオペレータには高いクレーン操作技術と豊富な経験が求められ、不適切な操作により橋脚柱の局所的な損傷を引き起こす可能性があります。そのため、多くの橋梁研究機関がこの問題について研究を行い、最終的には傾斜センサーを使用することでこの問題を解決できるという結論に達しました。
傾斜センサーを橋脚柱の上部に固定するだけで、吊り上げ中の橋脚の正確な傾斜角度をリアルタイムで明確に把握できます。これにより、クレーンオペレータは橋脚の基本姿勢を正確に把握することができ、オペレータの操作が容易になり、橋脚吊り上げの精度と安全性が向上します。今では橋梁建設に欠かせない部品となっています。
Shenzhen Rion Technology Co., Ltd. は、魅力あふれる魔法の土地、深センにあります。傾斜角、コンパス、その他の製品の研究、開発、製造、販売、システムインテグレーションに焦点を当てたハイテク企業です。同社は、専門化と市場化を基本的な経営理念として、センサーベースの市場サービスと技術業務に従事しており、ヨーロッパおよびアメリカの有名センサー企業の中国総代理店、センサーサポートソリューションの技術開発、顧客のニーズに応じた専門的な開発およびテストソリューションの提供などを行っています。当社の製品と技術サービスの有効性、標準化、プロセスを確保し、最大限の顧客満足度を確保するため。ISO9000品質保証システムを厳格に遵守し、厳格な内部管理手順と顧客へのサービスレベルの柔軟な最適化を実現します。
同社の主な事業製品には、傾斜センサー、デジタル傾斜計、傾斜計、三次元電子コンパス、加速度センサー、およびその他の多くの有名な海外ブランドの工業グレード製品が含まれます。これらの製品は、自動車、船舶、飛行機、機械、冶金、電気、繊維、鉄道、ダム監視、医療機器、石油掘削、石炭採掘、海洋測量、高精度測量などの分野で広く使用されており、中国の多くの国際的に有名なブランド企業の優れたパートナーとなっています。